寄稿者:東口美睦

「OMO」とは、「Online Merges with Offline」の略称で、オンラインとオフラインの垣根を超えて、ユーザーが購入しやすい環境を作ることです。

「オフラインとオンラインの統合」と直訳されるように、実際にOMOを実現するためには、ECと複数の店舗が保有する会員情報などのデータを連携することが必要な場合が大半です。しかし、会員データを統合するためには通常莫大な開発費と期間が必要です。

そこでオススメなのが、「Shopify」というECプラットフォームになります。本記事では、なぜOMOの実現にShopifyがオススメなのか、Shopifyの魅力とは何なのかを詳しくご紹介します。

スピーカー

■水野正和 App Unityコンシェルジュ(株式会社フィードフォース)
19歳からフリーのジャーナリストとして活動開始。
イオン株式会社にオンライン構想を提案し2006年に入社、イオンネットスーパーを創業。店内オペレーション、温度帯管理基準、物流などの仕組みを担当。累計100世帯ほどのご家庭にて冷蔵庫内部を調査し、ユーザーインサイトを紐解くことが得意。
2012年にイオンを退社して以降、クラシルなど数々の事業会社でBizDevを担当。「全国の企業のデジタル領域をエンパワーメントしたい」という志を持ってApp Unityに参画。

■みっちー(東口美睦) App Unityチーム (株式会社フィードフォース)
新卒からECサイトの事業者様と関わり、事業者様を多方面でご支援をしたいと志す。
現在水野のもとで、ShopifyやOMOを猛勉強中。

OMO導入に適したカートは?


水野:OMOは近年日本でも注目されています。実際にOMOを実現するために様々な機能が必要になりますが、オススメしたいのは、Shopifyです。

みっちー:Shopifyですか。Shopifyは、現在世界175か国で使われているカナダ発のECプラットフォームですよね。ノーコードで簡単にクオリティの高いショップができると注目されていると聞いたことがあります。

水野:はい。OMOを実施するうえでは、特にShopifyは非常に安価にできる点がオススメです。

私は、イオンで働いていたときに、OMOの導入を検討してシステム会社に相談したことがありました。当時、ECと店舗の会員統合をしようとすると、何億円の見積もりがでてきて、驚いた記憶があります。

ですが、Shopifyの場合、必要最低限のアプリの組み合わせだと月額4万円から実施できます

みっちー:月額4万円からですか!?

水野:会員統合であればかなり低価格で実施できます。店舗やECの在庫も統合する場合は、「ロジクラ」というサービスを組み合わせたりする必要はありますが、だいたい40万円ぐらいでできます。

みっちー:それでも、数億円かかっていたものがたった40万円ですか。どうしてそこまで安くできるのでしょうか?

水野:実は、Shopifyはカートが持っている機能に追加して、「アプリ」をインストールすることで簡単に機能を拡張することができます。そのため、今まで必要だった開発が一切不要でサービスの使用料のみです。

たとえば、実際にOMOを実現するためには、会員情報などECと複数の店舗のデータを連携することが必要な場合が多いのですが、「Omni hub」というアプリを使うと、スマレジとShopifyのデータを連携することができます。かかる時間も、初期設定を行う数時間のみです。

▶ Omni hubの詳細はこちら

みっちー:なるほど。開発が必要ないことで安価に実施することができるのですね。

水野:OMOを実施するための、料金や具体的な詳細についてはこちらの記事もご参照ください。

▶ OMOってお高いんでしょ?

Shopifyの魅力5選


水野:ShopifyがOMOを実施するためにオススメの理由は、安価だからだけではありません。Shopifyはコマースシステム自体に、大きく5つの面で魅力があると考えています。

AGILITY(俊敏性)
LOWCOST(低単価)
EFFICIENCY(効率性)
COLUD(クラウド)
SCALABILITY(拡張性)

みっちー:詳しく教えて下さい。

AGILITY(俊敏性)

水野:まずは、AGILITY、俊敏性です。

Shopifyは、世界各国の数100万社が利用している世界最大のEコマースプラットフォームです。そのため、新しい環境の変化があった場合に、すぐにその環境に適応するように開発が進められます。

みっちー:新しい環境の変化とはどういうことでしょうか?

水野:例えば、私が2007年にイオンネットスーパーを立ち上げたとき、ある大事件がおきました。それは、iPhoneの誕生です。

みっちー:大きな変化ですね。

水野:はい。iPhoneの誕生など思ってもいなかったため、通常のWebのみでしかページを作成していませんでした。そのため、スマートフォン用のページを作成することは企業にとっては未知の領域で開発費も期間も莫大にかかるものでした。

ですが、Shopifyではそのような環境の変化が起こっても、プラットフォーム側が開発して短期間で適応してくれます。

みっちー:自分たちで開発をする必要がなく、かつ、素早く対応できるのはとても助かりますね。

LOWCOST(低単価)

水野:2つ目はLOWCOST、低価格で実施できることです。

実は、Shopifyではストアを構築する際にかかる費用も非常に安価です。かかる必要はプランに合わせた月額料金のみで、初期費用や従量課金は不要です。また、14日間無料でお試しできる期間もあります。そのため、実際にデザインを作ってみたり、各機能を試してみることができます。

みっちー:初期費用がかからず、さらに実際に理想のストアを作れるか試すこともできるのですね!

水野:ECをフルスクラッチで作成する場合は、ウォータフォールモデルで約1年のプロジェクトとして、何千万の費用をかけることが多いです。それに対してShopifyはスモールスタートが可能で、非常に魅力的といえます。

EFFICIENCY(効率性)

水野:3つ目は、EFFICIENCY、効率性です。

Shopifyでは、セキュリティ対策を別途実施することや、サーバーを立ち上げる必要はなく、全てShopify側でカバーすることができます。また、バージョンアップも頻繁に実施しているので、メンテナンスコストも少なくなります。

みっちー:EC運用で、セキュリティやシステム周りのメンテナンスは重要ですが枝葉の作業で、どうしても腰が重いですよね。その作業がなくなることで、より本業に集中できる環境になりそうです。

COLUD(クラウド)

水野:4つ目は、CLOUD、具体的にいうと所有から利用への変遷です。

Shopifyでは、データはクラウドに貯めていくことになるので、企業が所有をする必要はありません。データを所有すると、前述したようにセキュリティ対策が必要となり、かなりコストも大きくなります。

みっちー:所有しなくなるということはわかりましたが、利用とはどういうことでしょうか?

水野:今までは、お客様のデータをとにかく所有することが美とされていました。しかし、OMOではお客様が便利な方法を選べる状態を作るために、データをお客様に還元していくことが求められます。その点で、クラウドを使って、所有から利用へシフトすることは非常に重要です。

SCALABILITY(拡張性)

水野:そして、最後はSCALABILITY、拡張性です。OMOの実施においてオススメで上げた部分ですね。

みっちー:アプリを使って、開発をせずに機能を拡張できるということですね?

水野:そうです。Shopifyでは、Shopifyや開発会社が作成しているアプリケーションをインストールすることで、簡単に機能を追加することができます。例えば、レコメンデーションの機能やスタッフのコーディネートなど、多種多様なアプリが存在し、日本製のアプリに絞っても185個もあります。(2022年10月時点)

みっちー:しかも、有料のものだけではなく、無料で使えるものもあるんですね!

水野:はい。また、有料のアプリも、大抵の場合はフリープランでまずは試すことができます。さらに、もしも思ったものと違っていた場合は、アプリをアンインストールするだけなので、気軽に始めることができます。

SCALABILITYは、Shopifyの1番の魅力ではないでしょうか。

まとめ


Shopifyは、拡張性が高くOMOの導入も非常に安価に実現することできます。他にも、システムなどのメンテナンスコストも抑えることができ、マーチャント様が日々の業務に集中できる環境が整っているのではないでしょうか。

App UnityではOMOに本気で取り組むマーチャント様を全力でバックアップさせていただきたいと思っております。また、Shopifyでのサイト開設に関してのご相談も承っております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

寄稿者プロフィール

東口 美睦

株式会社フィードフォース App Unityチーム

フィードフォースへ新卒入社し、データフィード管理ツール「dfplus.io」のセールスを担当。その後、App Unityチームに参加し、Shopifyストアの集客やCRM運用の支援サービス・App UnityのYouTubeチャンネル開設に携わる。